Read Article

【New!】「国語のセンスと心の成長を認めていただきました」(小学3年生女の子)

この4月に、小学3年生になった娘の 個人懇談の時に担任の先生から、次のお言葉を頂きました。

「1年生の時の担任とも話しているのですが国語のセンスについては、抜群なものがあります。

理解力、洞察力、表現力については、かなり高いレベルだと思います。

また、黙読のスピードや初見の音読についても、すばらしいので、読書量が相当多いのだろうな。と感じていました。」

ですが、実は娘は小学校に入学してからこの言葉を頂くまでの2年間、いわゆる問題児でした。

成績は良いけれど、先生から注意を受けるような行動が目立ったからです。

1年生の時には、お友達との関係でトラブルを起こしたり、苦手なことがあると放棄してしまう態度が目立ち、先生から何度もご連絡を頂きました。

2年生になると、自分勝手な行動が目立ちはじめました。

「図工の時間などの製作場面で、自分が納得できるものを作るために、決められた時間を無視し、クラスメートとペースが全く合わない。」とのご連絡を頂きました

そして、2年生の2学期に入ると、「発達検査を受けて下さい。」との依頼があり、病院で発達検査を受けました。

検査結果は、「特に療育などの必要はないが、IQが高いため今は経験不足で頭でっかちになっている状態。いろいろな経験を積めばバランスが取れ、落ち着きも出てくるように感じる。これは、まあ、仕方がないですね。」と、アドバイスらしきものは全くなく、何のために発達テストを受けたのかと途方にくれました。

幼稚園までは、順調だったのに、小学生になって急にこんなことになるとは・・・。

「どうすればいいんだろう?」と悩みました。

そんな時に助けてくれたのは、楽しい子育て実践会のニュースレターでした。

ニュースレターで紹介されていた言葉、「できなくて、当たり前。できなくて、当たり前。」と毎日何十回も心の中でつぶやく日々が続きました。

そして今年の4月、3年生に進級しました。

2年生の時の担任の先生が、そのまま3年生の担任になり、「国語のセンス」があるとおほめ頂きました。

また、「この1年間で、心もすごく成長しました。もう1年見守れることがとても楽しみです。」とも言って頂きました。

私としては国語のセンスをほめて頂いたことよりも、心の成長を認めて頂いたことの方が喜びが大きかったです。

実践会で学んだおかげで、娘の長所を伸ばせたという思いがあります。

毎月のニュースレターに心から感謝しています。

Return Top