Read Article

【New!】「映画『君の名は。』のように、神社の舞姫をしました」(小学4年生女の子)

10歳の長女が氏神神社の舞姫になりました。

長女の通う小学校では、4年生の時に、氏神神社の舞姫を募集しています。

長女が4年生になった6月頃、学校から「舞姫募集」のプリントを持って帰りました。

以前から、舞姫に関心のあった私は、これはいい機会だ!と思い、長女に、「舞姫なんてめった経験出来ることじゃないから、やってみたら?」と声をかけました。
しかし長女には、「イヤだ。」の一言でバッサリと断られました。

ところが、舞姫の世話役の方と主人も小学校のPTA役員で面識がある、ということもあり、今回お誘いいただきました。

周りから『やってちょうだい~』オーラを浴びせられ、長女は「やる。」と決断しました。
そして、地区公民館でのステージ発表の日。

扇と鈴の舞がありますが、初参加の長女は前半の扇の舞のみ踊って、ステージ脇に下がりました。

「緊張した~。ちょっと間違えた。」と言っていましたが、私にはどこが違っていたのか、全く分かりませんでした。優雅な扇の舞でした(^^♪

次はお正月。氏神神社での奉納の舞です。年末の4日間に練習がありました。

そして本番の1月1日、集合時間より早めに神社に行ってお参りをし、衣装に着替えて全体練習をしました。

いよいよ本番!

時間が11時30分からということもあり、拝殿前には、ずら~っと参拝者が並んでいました。

たくさんの人達の前で、長女たちの舞は始まりました。

お正月特有の特別な空気を感じる拝殿で、5人の舞姫による舞は無事、奉納されました。

参拝者の中には同級生も何人かいたようで、長女もBちゃんも「すごく緊張した~!!」と言っていました。

舞終わった後の二人の目は、とてもキラキラしていました♪

踊り終えた!という達成感からでしょうね。

私も長女が舞姫を始めたことで、巫女装束を着せたり、社務所内に入ったりと、今までにしたことがない経験をすることが出来ました♪

次の舞は、神社の春の大祭です。

その前にまた、夏同様の勉強会があるそうなので、長女が楽しく舞姫を続けられるように、サポートする親になろう!思います。

Return Top