Read Article

【ニュースレターご感想】リアルタイムでご紹介いただいて、改めて大学受験の大変さを実感しました!

【楽しい子育て実践会ニュースレター】2018年4月号(通巻130号)

♪メインテーマ♪
「九州から東北へ、塾無し現役国立合格、波乱万丈、大学受験物語!」

<目次>
◆「欲しい結果を得る方法!」

◆「私大の難化!少子化なのに2016年度から毎年難易度アップの理由とは?」

◆「1校で合格者が4000名以上減少!私立は国公立の滑り止めではない時代」

◆「で、これから大学受験をするお子さんはどうしたら良いの?」

◆「九州から東北へ、塾無し現役国立合格、波乱万丈、大学受験物語!」
志望校の決定は、赤本日本一周!/3つのご縁

◆楽しい子育てにおススメの本⇒「知るだけで迷いが減り、自分の人生軸ができる本」

◆編集後記 「どんどん早くなる」は、本当でした。

のご感想を紹介します。

・お名前
K.H 様

・お住まいの都道府県・国名:
アメリカ

・お子様のご年齢と性別
14歳6ヶ月、10歳9ヶ月、7歳7ヶ月

・このニュースレターで、どのような気づきや学びがありましたか?:
「欲しい結果を得る方法!」
で紹介されている、
欲しい結果を得ている人に共通している3つのことは、
シンプルですが、なるほど!と思いました。

「欲しい結果を明確にすること」
を実践したいと思います。

「私大の難化!
少子化なのに
2016年度から毎年難易度アップの理由とは?」
では、大学入試の「定員厳格化」
が行われているという事実や、
入学定員充足率の基準を超えると
助成金がカットされるなどの理由で、
私立大学の難易度がアップしている
という事実を初めて知りました。

自分が受験した時代とは
事情が違うという現実を受け止め、
対策が必要だということを
学ぶことが出来ました。

「行きたい学校や
学部や将来像などの方向性だけでも決めて、
その方向性に向かう対策を立て、
アクセルを踏むように進むことをお勧めします。」
というお言葉が心に響きました。

これは、
今まさに中学3年生の長女に
私が望んでいることです。

そのために、
私がサポート出来ることは何か、
改めて考えてみようと思います。

「九州から東北へ、
塾なし現役国立合格、
波乱万丈、大学受験物語!」
では、理加さんの体験談を、
リアルタイムでご紹介いただいて、
改めて大学受験の大変さを実感しました。

色々と想定外のことがあったと思いますが、
Aちゃんが目標の掲げたことは、
見事に達成されているので、
素晴らしいなと思いました。

高校生の段階で、
具体的に学びたい分野や
将来像を絞り込むのは、
大変なことだと思いますが、
赤本日本一周をされて、
これだ!と思う大学を見つけられた
Aちゃんの行動には感動しました。

それから、
Aちゃんの高校の成績の評定が
素晴らしいのにも驚きました。

アメリカでは、
試験による受験は無く、
高校生の日々の成績と
実力テストの結果で一番良い物、
課外活動の実績などを持って
出願する方式なので、
Aちゃんのように
高校で優秀な成績を上げていれば、
国立大学の合格率はぐんと高くなります。

本当に素晴らしいと思いました!

・今後、
ニュースレターで気づいたことや
学んだことを何に活用されますか?
:我が家の子供達が、
どの国で大学受験をすることになっても
必要なこと、が分かりました。

ただ、選択肢が余りにも多いので、
どのような道があるのかということを、
もっと具体的に
親子で勉強する必要があると実感しました。

・このニュースレターの内容について、質問があればお書きください。
このニュースレターへの質問では無いのですが、
とてもリアルタイムな内容だったので、
Aちゃんがご縁のある大学で、
どのように過ごされているか、
そちらも気になります。

機会があったら、
Aちゃんの大学生活の様子をご紹介いただけると、
長女の将来像を具体化するのに、
とても参考になると思います。

ご検討、どうぞよろしくお願いします!

・このニュースレター全体のご感想を
「良かった」=★の数で表すと
5点満点中、何点ですか?:
→★★★★★

・ご自宅の絵本の数を教えてください。
1500冊
↑ココまで

お返事を紹介いたします♪

↓ココから
K.H様

こんにちは、楽しい子育ての山口理加です。

このたびは、
ニュースレターのご感想を送って下さって、
ありがとうございます。
とても嬉しいです☆

ニュースレターで紹介してることを、
1つ1つ丁寧に受け取ってくださって、
ありがとうございます。

とりわけ、

「行きたい学校や学部や将来像などの
方向性だけでも決めて、
その方向性に向かう対策を立て、
アクセルを踏むように進むことをお勧めします。」

が、心に響いたと言ってくださって、嬉しいです(^^♪

日本の大学入試は、グローバル化に対応する方向のようです。

帰国子女や海外在住者、特に、英語が堪能な生徒は、
日本の大学に入りやすいようです。

そして、娘の大学生活にも興味を持ってくださって、
ありがとうございます。

娘は寮に入っています。

具体的なご質問があれば、
その内容について詳しくお伝えします。

よろしければ、いつでもお気軽にご質問やご連絡ください。

お待ちしています☆彡

Return Top