Read Article

【ニュースレターご感想】具体的に数字をあげて私立大の入試の難易度があがっていることについて説明してくださいましたので、すごくわかりやすかったです

【楽しい子育て実践会ニュースレター】
2018年4月号(通巻130号)♪メインテーマ♪
「九州から東北へ、塾無し現役国立合格、波乱万丈、大学受験物語!」<目次>
◆「欲しい結果を得る方法!」◆「私大の難化!少子化なのに2016年度から毎年難易度アップの理由とは?」◆「1校で合格者が4000名以上減少!私立は国公立の滑り止めではない時代」

◆「で、これから大学受験をするお子さんはどうしたら良いの?」

◆「九州から東北へ、塾無し現役国立合格、波乱万丈、大学受験物語!」
志望校の決定は、赤本日本一周!/3つのご縁

◆楽しい子育てにおススメの本⇒「知るだけで迷いが減り、自分の人生軸ができる本」

◆編集後記 「どんどん早くなる」は、本当でした。

のご感想を紹介します。

・お名前
Y.A 様

・お住まいの都道府県・国名
東京都

・お子様のご年齢と性別
5歳0ヶ月

・このニュースレターで、どのような気づきや学びがありましたか?:
→「欲しい結果を得る方法」について。

私は「欲しい結果を得ている人達に共通していること」は
「夢や叶ってほしいことを
手書きで紙に書いていて、
毎日リストを見る」だと思いました。

理加さんの定義を見たら、
それはステップ1にすぎず、
「ステップ2 欲しい結果を得るための行動を明確にする」、
「ステップ3 欲しい結果を得るための行動を実践する」
という段階があることを知りました。

行動することが大事ですよね!

でも、行動するためには、
まずは、欲しい結果を肯定形で話す
(表現する)ことが重要なのですね。

私は書き言葉は
肯定形になるように注意していますが、
話し言葉は
恐らく否定形で話すことがあるんじゃないかと思っています。

話し言葉も肯定形になるよう、
言葉を大事にしたいです。

「私大の難化!
少子化なのに
2016年度から毎年難易度アップの理由とは?」と
「1校で合格者が4000名以上減少!
私立は国公立の滑り止めではない時代」
について。

理加さんが
具体的に数字をあげて
私立大の入試の難易度があがっていることについて説明してくださいましたので、
すごくわかりやすかったです。

私大が
国公立の滑り止めではない時代
になっていくのですね~。

私達の
現役時代には考えられないことばかりですね。

子どものためにも(まだ5歳ですが)
情報収集は怠りなくしたい
と思いました。

「これから大学受験をするお子さんはどうしたら良いの?」について。

推薦やAOを視野に入れて対策をすることが理加さんのおすすめなのですね。

推薦を受けるには、
学生生活で優秀な成績を取るとか、
部活動を積極的にやるとか、
生活態度を見られますよね???

推薦やAOを視野に入れるなら、
普段の学生生活の
素行面での努力も必要なんだろうなーと思いました。

「九州から東北へ、
塾なし現役国立合格、
波乱万丈、
大学受験物語」について

Aさんの大学受験物語、
待ってました!の記事でした。

Aさんの志望校の決め方、
とても参考になりました。

ニュースレターの内容に関することですので省略します。

多くの若者が、
自分がやりたいことがわからずに、
なんとなく大学進学する人が多い中、
学びたいことを明確にし、
それを専門に研究している教授を自力で見つけたことは、
Aさんまだ18歳なのにすごいなぁと素直に思いました。

私達親が受験生の頃は、
やりたいことよりも、
偏差値で大学を決めていたように思います。

一方、
現在は、
やりたいことにフォーカスして大学を選ぶ時代になったと思います。

で、理加さんの反応が私には意外でした。

内容に関することですので、省略します。

でもワークをやって、
「心から長女を応援しようと思えました」ということですので、
理加さんがそういう気持ちになられて本当に良かったと思いました。

よいワークとの出会いがあったのも、
理加さんが日頃からお子さんのことを
真剣に考えて行動していたおかげで
よいご縁があったのでしょうね。

理加さんの正直な気持ちを
ニュースレターに書いてくださって、
ありがとうございました。

「楽しい子育てにおススメの本
→知るだけで迷いが減り、自分の人生軸ができる本」
について。

さっそく読みました。

私も、
この本は私のストライクゾーンに入りました!

「●●●●●」について、
対話形式の物語で進んでいくので、
とても読みやすかったです。

特に、
成長を阻害するブレーキは、
眼からウロコでした。

「成長」についての「原則」が示されていて、
具体的な行動にまで落とし込むのは自己責任なので、
そこが面白くもあり、
やりがいもありますね。

1回読んだだけでは、
消化しきれなかったので、
2度、3度と読み返したいと思います。

すばらしい本をご紹介くださり、
ありがとうございました。

・実践や活用しようと思うことはどのようなことですか?:

→息子はまだ5歳ですが、
息子が将来やりたいことを明確にし、
そのためにはどの大学のどの学部に行くのがいいのか、
そのためにはどの高校に行くのがいいのか・・・
と、さかのぼって進路を決められるよう、
導けるように努力したいと思いました。

・このニュースレターの内容について、質問があればお書きください。

→・理加さんは、
具体的な数字で現状を説明するのが得意だと思いますが、
分析した数字を出すのは理加さん独自に考えられたものですか?
それとも、何かを参照されているのでしょうか?

・私大が国公立の滑り止めではない時代、
とのことですが、
私大と国公立大では、
就職時の面倒見に違いはあるのかどうかご存知でしょうか?

・なぜ、
Aさんに、
国公立なら自宅外でもよいという条件をつけたのですか?

・Aさんは、
卒業後の就職先も見据えて東北の大学を選んだのですか?

・あなたや配偶者やお子さんに関する
「良かったこと」
「素敵な変化・成長」
「問題を解決した経過や結果」を教えてください。

→息子が幼稚園の年中さんになり、
やっとおともだちとかかわるようになってきました。

特定の友達はいないのですが、
以前は1人ポツンとしていたので、進歩です。
小さい進歩がうれしい毎日です。

・このニュースレター全体のご感想を
「良かった」=★の数で表すと
5点満点中、何点ですか?:

→★★★★★

・ご自宅の絵本の数を教えてください。:500冊

↑ココまで

お返事を紹介いたします♪

↓ココから

Y.A様

こんにちは、楽しい子育ての山口理加です。

このたびは、ニュースレターのご感想を送って下さって、ありがとうございます。

とても嬉しいです☆

「欲しい結果を得る方法」、

確かに、叶って欲しいことを
紙に書いて毎日眺めるという方法
もあるかもしれません。

ただ、
行動レベルを明確にして、
実践すると、
欲しい結果を得る可能性はグンと高くなると実感しています。

いかがでしょうか?

Aさんもおっしゃっているように、
「行動することが大事」です!

大学入試については、
この数年で本当に変わっています。

私達親世代の入試とは、
本当に違っています。

これからどんどん変わっていくと思います。

大学のAOや推薦入試は、
高校入試の内申点とは基準が違っています。

詳しく紹介すると
ニュースレターほどのボリュームになるので、
ご希望が多ければニュースレターで紹介しますね。

ただ、
大学入試に合わせて子育てをするよりも、
子どもの個性や将来の目標に合う学校選びをすることが必要だと思います。

娘の大学選びについては、
娘の考えを受け取ってくださって、
ありがとうございます。

私がショックを受けたのは、
ニュースレターでも紹介していましたように、
納得できていなかったからです。

正直な気持ちをニュースレターに書いたことを、
快く受け止めてくださって、
ありがとうございます。

嬉しいです。

お勧めの本を読んでくださって、
ありがとうございます。

Aさんのストラークゾーンに入って、
良かったです☆彡

それから、
ご質問についてです。

ご質問の答えについては、楽しい子育て実践会の会員の方だけにお伝えしています。

楽しい子育て実践会ゴールド会員の方は、

こちら
をクリックすると、
質問の答えをご覧いただけます。

Return Top