Read Article

「バイオリンコンクールで『銅賞』&『指導者グループ賞』受賞!」 (6歳11か月男の子)

兵庫県にお住まいのT.Eさんのお子さん、6歳11か月のK君が、バイオリンのコンクールで「銅賞」と「指導者グループ賞」を受賞なさいました。

京都で「子どものためのバイオリンコンクール」があり、長男Kが出場しました。

そして見事、「銅賞」と「指導者グループ賞」をいただきました!

子どもたちには0歳のころからクラシックを毎日聞かせ、コンサートにも度々連れて行っていました。
5歳の時、Kが「やりたい!」と言いましたので、バイオリンを習い始めました。

習い始めて5か月目に、先生にコンクール出場のお話をいただきました。

リズム感、音感がすばらしく、音楽のセンスがあるからとのことでした。
エントリーナンバー1番、私なら口から心臓が飛び出すほど緊張するような場面で、Kは堂々と弾ききりました。立派でした☆
先生方には「実に立派だった!」「体をゆすってとても楽しそうに弾いていた!」「ピアノとよく調和していた!」「姿勢が良かった!」「表現力がいい!」などなどたくさんたくさん褒めてもらいました。

その上、賞までいただきました。

Kの楽しそうに弾く姿を見て、「本当に音楽が好きな子に育っているんだなあ~」、「人前で堂々と自分を出せるようになったんだなあ」とその成長ぶりを感じました。

「来年も出たい!!」と本人やる気満々。

私も楽しくサポートしていきたいと思います。

s23-2

Return Top