Read Article

【New!】『帰国子女の娘が、地区でトップの公立高校に合格しました』(高校1年生 女の子)

3歳から小学校4年生までアメリカで生活し、小学校5年生から日本に帰国された、静岡県のK.Kさんのご長女が、この春、地区でトップの公立高校へ合格なさいましたので、紹介させていただきます。

私達家族は、Yが3歳の時に主人の仕事の都合でアメリカへ引っ越しました。

主人も私も英語がよくわからない中でのスタートでした。

現地には日本人学校はなく、現地の幼稚園へ入園しました。

みんなの様子をうかがいながら過ごしているうちに、1年くらいしたら先生の言うこともわかるようになりお友達も出来、楽しく通えました。

小学校に入学しました。現地の小学校です。

現地校で習う国語(この場合英語)、は、私達日本人が習ってきた方法とは違うため私たちが教えることは出来ません。

「わからないことがあったら先生に質問してね」と言い、持ち帰ったプリントを見て私がいくつか質問して、親子で一緒に学んでしました。

三者面談の時には「Yはとでも優秀です」と言われ、授業と同じような質問のやりとりを主人と私にみせてくれました。

先生が早口の英語で質問した後Yはちゃんと答えているのです。

私には聞き取れない早口の言葉でした。私たちはびっくりしてうれしくなりました。

k6成績表は「A」や「A+」でした。「B」になったことは一度もありませんでした。

3年生からは「gifted class」に選ばれました。

成績優秀者の取り出し授業で、クラスから数名選ばれるものです。

国語と算数がありましたがYは両方選ばれました。

外国人で国語のクラスに選ばれたのはYが初めてでした。

そして5年の春に帰国。日本の学校生活のスタートです。

それまでの日本の勉強は土曜日に日本語補習校へ行く程度で簡単にやる程度でした。
日本の学校では授業についていける程度でした。

国語の答えがおかしかったり、算数の文章問題になると日本語がわからなかったり、アメリカにいるときは家の中では日本語にしていましたが、絶対量が足りないのです。仕方ありません。

私は文化の違いに戸惑いながらも日本になじもうとしているYを見守りました。

「日本に住んでいれば当たり前のことがYにとってはそうではない」ということが何度もありました。

「お気に入りの服や靴も日本では目立ちすぎるので着られない」数年後に流行ったのですがサイズが合わなくて着られませんでした。でも学校の友達には言えない。

Yは家に帰ってから私も何度も話し、反発しながらも日本社会を理解していきました。

そして中学校へ入学しました。初めての定期テスト、成績表は私の予想を超えるできでした。

小さいころからの学習習慣が身についていたのが良かったのか、上位10%に入っていたのです。

国語が苦手ですが得意の英語でカバーしていました。

2年生になると生徒会の専門委員長をしたり、合唱コンクールでは3年連続ピアノ伴奏をしました。

ピアノは6歳から習っていましたので自然に引き受けていました。

そして3年の夏、高校の体験入学を経て決めた志望校はレベルが高いところでした。

自由な校風と国際的な授業にあこがれてのことです。

でも、当時の成績では内申点ぎりぎり、テストの点も、250点満点で、プラス20点は必要です。

今までは地区のトップ校なんて考えてもみませんでした。

それまでは塾は行きたくないと言っていたので通っていませんでしたが、目標が定まったら勉強を始めました。

塾へも行くようになりました。

英検は小学校時代に2級をとっていました。国語は漢検準2級をとりました。

美術の内申点を上げるために、課題を丁寧に仕上げたり、時間が足りないと家に持ち帰り仕上げていました。

評価が3から4になりました。3年間ずっと3でしたので4に上がりとても喜んでいました。

数学はわからないものはどんどん質問して、おとうさんにまで質問していました。

部活は11月までありました。合唱コンクールは10月末でした。

中3の2学期、忙しい中学校行事と部活と勉強を両立しました。

SONY DSC

その結果、志望校に合格しました。

いくつもの壁を乗り越えてきたYはたくましく成長したのです。とてもうれしいです。

今は楽しく通っています。Yと同じ帰国子女の子が何人もいるため、個性を大切にするクラスです。

英語の授業数が多く、日本に来てから初めて英語を勉強しているそうです。

1ヶ月の語学研修もあります。

授業のスピードが速いのでついていくのは大変かと思いますが、自分で選んだ学校ですので何とかやっていくと思っています。

将来は外国語を使う仕事か、海外に住みたいと言っています。これからも私たちを驚かせてくれるかと思うと楽しみです。

私は子供のころからの絵本の読み聞かせや家庭環境を整えることの大切さを感じます。

「子供は親の言うことは聞かないが、親のすることは真似をするということ」、耳が痛いですね。

私はアメリカ駐在にあたり、子供の日本語のために丁寧な言い方や省略せずに話すことを心がけました。

私の英語は学生時代以来忘れていましたので、娘と一緒に習おうと思い、学校のプリントを見て子供に質問したり英語のCDを聞いたりして学びました。

帰国後、娘は英検2級ですが、私は準2級を取りました。親が学ぶ姿は最高の学習環境ではないかと思います

Yは以前言っていました。

「私は頭いいと思っていないよ。でもみんなずっと日本の学校に通っているのになんで私よりできない子がいるの?」難しい質問です。

Yは日本の学校は5年生からです。

どこの学校へ通うことより環境が大切だと感じました。

このようなYに感化されて私もまた、学びたくなりました。

今度は数学をやりなおしています。高校の数学までいきたいと思っています。

学ぶことって楽しいですね。

Return Top