Read Article

【New!】「20年教員をしている中でベスト3に入る生徒です」と言われました!(ベルギー在住6才女の子)

002ベルギーにお住まいのM.Cさんのお子さん、6才のRちゃんが、4歳から通っているインターナショナルモンテッソーリスクールの卒園の日、先生から、「あなたの子は、20年間教員をしている中で出会った3人の優秀な生徒のうちの1人」と言っていただきましたので紹介します。

今年の8月で、ベルギーに来て三年になります。

当時4歳だった娘は、今年の4月から小学1年生になりました。

今、ブラッセル日本人学校に通っています。

娘は、2011年9月末~2014年3月末までの2年半、インターナショナルモンテッソーリスクールに通っていました。

ベルギーの公用語は、北はオランダ語、南はフランス語です。

ブラッセルはフランス語圏にあり、現地幼稚園に行くと、フランス語のみの会話になります。

インターナショナルモンテッソーリスクールには、英語を話す先生が一人、フランス語を話す先生が一人いました。

幼稚園に入ってから最初の3~4か月は、娘はただただ先生やお友達の会話を聞いているだけで、自分から話すことはほとんどありませんでした。

ところが、半年経ったくらいから、どんどん英語を吸収していき、お友達とも会話ができるようになり、1年もたつと、スラスラと英語を話せるようになりました!

モンテッソーリ幼稚園では、1年に2回、先生との個人面談があり、先生は約200項目ある評価表について、説明をしてくれます。

生活面や勉強面での評価で、通知表のようなものです。

面談のときに、娘の担任の先生からは、いつもたくさんのお褒めの言葉を頂いていました。

「Rは、いつも良く集中して話を聴いている」「先生が話したことに対して、しっかりと質問ができ、質問に対する答えもちゃんと待っている。」「みんな平等に仲よくできる」など。

そして、語学の面でも「こんなに短期間で、英語を話せるようになる子はなかなかいない。」
「母国語以外の第二言語としての,英語だけでなく、フランス語もだいたい理解しているし、少し話せるようになってきた。」と、いつも褒めていただいていました。

さらに、今年の3月末、幼稚園を去る最後の日に、先生は私に向かってこう言いました。

「C、あなたは本当に賢い子を持ったわね。私は20年教員をしている中で、3人の優秀な子供に出会ったわ。一人はドイツ人のA。もう一人もドイツ人のB。そして3人目は日本人のRよ。私たちは、子供たちが学ぶための場所と道具、学ぶ機会を与えるだけ。それをどのように生かして成長するかは、その子次第なの。彼女は、この2年半で本当に素晴らしい成長をしたわ。私はこれからのRの成長をとても楽しみにしているの。 彼女の将来を、ずっと見ていきたいわ。」

私は涙が溢れました。

とても素敵な言葉のギフトをいただいて、心から感激しました。
娘は幼稚園が大好きでした。

先生もお友達も、本当に大好きでした。

この2年半、インターナショナルモンテッソーリスクールに通って、心も体も、本当に大きく成長したな、と感じました。

幼稚園で学んだことすべてが、娘にとって、とても貴重な体験になったと思います。
この4月からは、日本人学校に入学し、毎日楽しく学校に通っています。
これからの娘の成長をしっかりサポートできるよう、私も成長していきたいです。

楽しい子育て実践会で学べることに、心から感謝しています♪

理加さん、いつも本当にありがとうございます。

Return Top